ホームインスペクション会社の選び方 その5

これまで、ホームインスペクションについてご説明してきました。

また、主題が「ホームインスペクション会社の選び方」ですので、そこに特化してきています。


そもそも、「ホームインスペクション」またの名を「住宅診断」とも呼ばれていますが、

巷には「欠陥住宅検査」というものもあります。


この欠陥住宅検査とホームインスペクションは似て異なるものであり、

当事務所でも、メニューとして別のものとなっております。

この 欠陥住宅検査 と 住宅診断(ホームインスペクション)の違いをご理解いただく事からお話ししたいと思います。


 なかなか、本題の「選び方」についてのお話しではなく申し訳ございません。

ですが、ここの部分を明確に理解しておくことは、調査会社選びに重要なことですので、お付き合いください。



 両者に明確な線引きと言うのはないのかもしれません。

各社、その範囲や位置付けは異なっているのが現状です。

そのため、あくまで弊所での考え方という前提になりますが、

弊所サービスメニューの位置づけでは取り扱いが異なり、別のものとして費用も大きく異なっています。


 この違いを理解するには、法律的な欠陥 の取り扱いが重要になります。

欠陥には「欠陥現象」と「欠陥原因」の二つの概念があります。


次回に続く。


#欠陥住宅検査 #ホームインスペクション #住宅診断 #欠陥現象 #欠陥原因