一棟まるごと建物診断

特定建築物調査に相当する、外装や屋上などの外殻を調査するサービスです。

 
ビル外装調査
 
 

災害が起きる前に。

Construction inspection

 屋上防水層の劣化による雨漏りや外壁タイルの剥落など、建物の外装は厳しい環境下に暴露されており、適切な維持、メンテナンスが欠かせません。漏水による損害や剥落事故など、オーナー様、管理者様に莫大な損害賠償責任が課されます。現状の不具合や劣化の把握をする事で、投資判断、修繕の要否や優先順位、大規模修繕前の実数清算項目の事前概算把握などにお役立て頂けます。

Target customers

 

建物を所有ないし管理している。

建物の購入ないし売却を検討中。

​第三者災害の予防は、所有者・管理者の義務です。

 外装材の剥落は通行人に多大な危険を及ぼします。防水の劣化による漏水では、屋内の高額な機器類やデータの毀損、建物の耐用性の短縮など、企業に多大な損失を与えます。手摺の腐食による墜落事故などは時折報道されていますが、これら事故が一度起きれば、その損害、信用毀損は計り知れません。これらを予防するためには定期定性的に調査を行い、診断結果に基づいて適切に修繕を行うことしかありません。共同住宅への適用では、大規模修繕工事に先立っての劣化の状況や範囲を把握でき、予算取りや工事内容の判断などに活用いただけます。投資物件の売り手側であれば、的確な診断結果を付帯することで、買い手側は今後生じるであろう工事費などが想像できるため、ご納得の上で購入することでしょう。買い手側であれば、購入後に発生する見えていなかった多大な修繕工事費の予測がたち、購入判断の礎となります。

 これに似た制度に「特定建築物定期調査」がありますが形骸化し、報告のための調査となっており、比較的安価に設定されていますが、本来の目的は建物を健全に保ち、災害を生じさせないことです。当サービス「Level1.」調査は特定建築物定期調査と同等程度ですが、その目的は災害を防ぐこと目的としているため、診断結果はまったく異なります。

マンション・アパート

管理組合/オーナー/管理会社

投資物件・オフィスビル

 

管理組合/オーナー/管理会社

事務所棟・工場建屋

倉庫・研究棟建屋

​管理会社/法人企業

Service details

一棟丸ごと建物診断には、Lebel 1.とLevel 2.があります。

Level 1

調査可能範囲の調査

Level 2

全面的な調査

具体的な調査の内容


 

<おおまかな建物全体の劣化具合の把握をするスタンダードプランです。>

  • 主な調査範囲は外壁、屋上、外部階段、開放廊下などの足場無しでの歩行可能な外装全般に及びます。

  • 調査器具の届く範囲の打診、見る事のできる範囲の目視、触診による調査をします。

  • タイル、モルタルの浮きや剥離、クラック、欠損、塗膜、防水層、各部の腐食など多岐に渡る劣化調査を行います。

  • 概ね、特定建築物調査に準拠する調査を行います。(定期調査報告としての調査ではありません。)

  • 調査可能範囲の診断結果により、全体の劣化具合を推定します。

修繕工事にあたって全体的な劣化の程度を把握して、工事計画に生かしたり、売買にあたって建物概要を示す、定期的な点検など、まずは全体的な程度を推し量るための調査としての利用が考えられrます。結果に基づき、より詳細な調査や工事の実施判断、危険な部位はないかなどの的確な対応の礎になります。

 


 

<全面打診及び赤外線サーモグラフィを併用し、全面的な調査をするプランです。>

  • 上記、一次診断に併用して、調査器具の届かない部位や足場を必要とする部位の調査も行い、全外装面の調査を行います。(入室困難なバルコニーなどの内壁面は除きます。(別途オプションにて対応可)

  • 届かない部位の調査にあたり、高所作業車、ゴンドラ、仮設足場を使用もしくは赤外線サーモグラフィを使用し、全体の詳細な調査を行います。(各種併用や赤外線サーモグラフィのみ使用など、状況により計画します。)

  • 劣化部位は図面への記載や赤外線サーモグラフィの画像による報告書によって、ビジュアル的に劣化部の位置、範囲を掴めます。

Level 1.調査に基づいて著しく危険性が疑われる場合や、これまで全面的な点検をしたことが無い、大規模修繕工事における実数清算項目となる費用の事前把握など、推定ではなく明確に劣化部位を把握する場合の利用が考えられますが、具体的な工事種別や明確な工事実施判断の根拠になります。後から付加することができますので、Level 1.調査の結果をもってLevel 2.の実施をご判断いただくことが可能です。

一棟丸ごと建物調査 Level1.

通常歩行できる範囲の屋上、外壁、共用廊下、外部階段などを目視・打診による調査を行います。※お見積りになります。

¥60,000(税抜き)~

一棟丸ごと建物調査 Level2.

特殊機材を使用した打診できない高所等の外壁や屋上の調査

​※お見積りになります。

¥150,000(税抜き)~

 

※建物種別、構造、新築・中古の別など、特に制約はございません。

※ご依頼地域により、別途、交通費や駐車場費用、宿泊費等が必要となります。

機材を使用しての調査は、建物状況により適用の可否がございますので、費用はお見積りとなります。

Options

  • ​鉄筋探査

    基礎コンクリート内の鉄筋配置やかぶり厚状況の調査です。

    ※4箇所まで

    ​以降¥7,500/箇所

    ¥75,000(税抜き)

  • サーモグラフィ調査

    外装、防水、断熱不良、漏水の有無などを調査します。

    ​※あくまでオプションとしての調査になります。

    ¥60,000(税抜き)

  • 特殊機材調査

    各種機材を適宜使用して調査します。

    ¥80,000(税抜き)

  • バルコニー内

    立ち入り調査

    通常調査では立ち入れない、バルコニー内の調査です。

    6戸~ ¥5,000(税抜き)/戸

  • 検査後の補修確認

    検査での指摘箇所が適切に補修がなされたか、現地にて確認いたします。

    ¥25,000~¥40,000(税抜き)

  • 主な調査範囲は外壁、屋上、外部階段、開放廊下などの足場無しでの歩行可能な外装全般に及びます。

  • タイル、モルタルの浮きや剥離、クラック、欠損、塗膜、防水層、各部の腐食など多岐に渡る劣化調査を行います。

  • 概ね、特定建築物調査に準拠する調査を行います。(定期調査報告としての調査ではありません。)

  • 劣化部位は図面への記載や赤外線サーモグラフィの画像による報告書によって、ビジュアル的に劣化部の位置、範囲を掴めます。

 

サービスご利用にあたっての注意

Notes on using the service

以下、必ずご確認下さい。ご不明点や質問などございましたらお問い合わせ下さい。

  • ビル、マンション、アパート、倉庫などの所有者様・会社様、投資物件などのご購入・ご売却検討中の方、管理組合様、不動産会社様などが対象のサービスです。(区分所有物件、一戸建てなどは、通常のホームインスペクションでの対応になります。)

  • 当サービスは、建物の全体的な劣化状況を把握する為の調査です。耐震性や各種法規、仕様、図面への適合性を判断するものではございません。(勿論、気付いた点があればアドバイスいたします。)

  • マンションのバルコニーなど入室の困難な場所の調査はできません。(別途オプションにて対応いたします。)

  • 調査は1日~大きさや複雑さにより数日掛かる事も御座います。

  • 屋上点検口へのアプローチに大きい脚立(1.8m位以上)が必要になる場合がございます。基本として借用させて頂きますので、ご準備をお願い申し上げます。ご用意の難しい場合は、その旨お申し付け下さい。用意して参りますが、別途運搬費用を申し受けます。

  • 調査後にお送りする報告書に関してのご質問は、基本としてメール等でお問い合わせ下さい。(対面での説明をご希望の場合、別途料金は発生いたしますが対応いたします。)

  • 調査の際に指摘した事項の補修確認は含みません。(別途サービスにて対応いたします。)

  • 資金計画やリフォームローン、税金、保険、ライフプラン等に関するご相談は当サービスでは対象外です。 その他サービスからの同時依頼は可能です。(こちらは提携のCFPが対応いたしますので、日程が合わせられない事もままあります。その際は別の日程でのご相談とさせて頂きますのでご了承願います。)

  • 当サービスは建物の大まかなコンディション、劣化状況を掴む事に主眼を置いた「一次診断(Level1.)」と高所作業車などによる全面打診や赤外線サーモグラフィを使用して、外装全般を詳細に調査する「二次診断(Level2.)」があります。

  • キャンセルの場合は、規定のキャンセル料が発生する場合があります。 事務所概要「ご依頼にあたって」内キャンセルについてをご確認下さい。また、ご返金の振込手数料はお客様負担となります。予めご了承下さい。

Request flow ※基本的な流れになります。

​1.お申込み

“サービスのご依頼は、「お申込み」フォームよりお申込みください。(ページ最下部にもございます。)"

  • ​具体的なご要望や内容など、できる限り詳細をお知らせください。

 

2.当事務所よりご案内メールの送信

“ご依頼の受諾、内容の確認、お支払いのご案内メールをお送りいたします。"

  • 翌日をもってもメールが来ない場合、何らかの事故が考えられます。お手数ではございますが、Eメールにてお知らせください。

  • ​メールの内容に相違がないか、またご依頼されたサービスについて、今一度ホームページをご確認ください。

 

3.サービス料金のお支払い

“サービス料金をお支払いください。(事務所概要「ご依頼にあたって」内お支払いについてをご確認ください。)"

  • ご案内メール到着後7日以内のご入金をお願い申し上げます。(7日を過ぎますとキャンセルされたものとして処理いたします。)

  • ご入金確認によって正式な受諾となります。今一度お間違いがないか、ご依頼内容、キャンセル規定をご確認ください。尚、ご入金確認によって、予定日の確保がなされますので、お早目のご対応をお願い申し上げます。

4.当事務所よりご入金確認メールの送信

“ご入金の確認がなされたことをお知らせいたします。"

  • 伴いまして、資料の送付等のお願いや待ち合わせ時間などの具体的ご案内をさせていただきます。

  • ​事前にお送り頂く書類の中で、図面関係はすぐとは行かない事もございます。早めの手配をお願い申し上げます。

5.資料の送付

“対象建物に関する資料を当事務所へお送りください。(お客様にお手数を掛けてしまいますが、ご面倒でも一切の資料をお送りください。)"

  • コピーを取って郵送していただく、もしくはスキャンが可能であれば、PDFファイルにてお送りください。(FAXでの送付では、資料の品質確保がなされないため、受け付けておりません。)

 

6.調査・検査の実施

“調査・検査を実施いたします。"

  • 実施中、付いて廻る必要はございません。必要に応じて、お声がけさせて頂きます。

  • ご依頼の内容、条件により、現地にて報告やアドバイスをする場合は、ご説明させて頂きます。

7.報告書の送付

“1週間ほどで報告書をお送りいたします。(EメールにてPDFファイル納品となります。)※対象建物のボリュームにより、納品までの期間は異なります。"

 

8.アフターフォロー

“報告書についての疑問や質問など、お気軽にお問い合わせ下さい。"

  • 原則Eメールでの対応となります。

 

Contact us

お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでの問い合わせ・申し込みフォーム

メールでのご依頼・お問い合わせ

問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム

申し込みフォーム

お申込みフォーム